堀龍一JB九州第2戦(北山ダム)

weblogo.gif




Copyright GREENFIELD2009 All Rights Reserved

こんにちは、堀です。
コラム2弾目ですが、またまたブログからの転載・追記です。

以下ブログより転載・追記

前情報では、

『スタート後1時間でリミットが揃わなければ相当やばい』
『最初の1投目で釣れなければ外している』
しまいには、『横向いて、適当に投げても釣れる』

など、初めて北山ダムに訪れる自分にとっては、半ば脅しとも思われる情報を皆さんにいただいたのですが、まず北山ダムに訪れての最初の印象は、試合時を想定して地形把握をメインに行っているにしても、
『つ・れ・な・い・・』(汗)
というのは、最初に訪れたのは、第1戦のオフリミット中の3月下旬で、気温はマイナス、爆風に雨と、春のマイナス3要素が揃っていた訳です。
 とはいえ、同じレンタルボート屋さんから出船した方は、数では30匹近く捕っており、釣れないと言えど、関東との釣れないレベルの違いにただただ愕然としました。
hokup.JPG
初北山フィッシュ。予想外の寒さに口半開きの魚切れ写真です
hokup1.JPG
釣れないとはいえ、ここという場所では、しっかり答えが返ってきます。
hokup2.JPG
リザーバーらしい頭デッカチ君も釣れました。

 前置きが長くなりました、試合はというと、丁度プリプラから2カ月後。季節も貯水量も別世界で、北山のほの字も理解しきれていなかったので、季節的に良さそうな、またはこれから良くなるだろう水の動きそうなエリアのバンクを探っていきました。

 プラの感じから、バンク際をジーと待つか、ベイトが絡むと中層なのかな???程度だったので、
効率良く探りながら釣って行く為、ジグヘッドやネコリグ、カバー際ではテキサスのスイミングで釣って行く事にし、エリアはフライトが最初だった為、スタート地点近くから釣り始めました。
 結果的には、朝にラッシュがかかり捕った3本が、最後まで入れ替えが出来ずウェインした形となりました。500gのハカリを忘れ、2キロバカリ(北山では握力強化バネ位にしか役に立たない)
しか持っていなかったので、釣れても微妙な入れ替えは出来ませんでしたが・・・
hokuzan2.JPG
強行出場の為かなり寝むそうですが、精一杯の笑顔です・・

 かなり端折りましたが、今回の北山戦は、正直、自分の内容としてはこの程度です。
ただ、今回もDEEPER森下さんには、忙しいところ、前日に魚探のセッティングなどお世話になり、レンタルとは思えないボートを貸して頂いたうおまんさんや周りの皆さんのおかげで試合に集中する事が出来ました。

hokuzan.jpg
安定感抜群の13フィートに24Vエレキで快適
魚探はレンタルセッテイングに仮付けとは思ない映りでした!


使用タックル
4インチストレート1/32ネコリグ
ロッド: ASS1-UL61
ライン:スーパーFCスナイパー3LB

7gテキサス
ロッド:CTB-L70(プロト)
ライン:BMS10LB

いずれも8mの4mラインをトレースで使用。